「月歩双書」シリーズ創刊について

大阪労働学校アソシエが企画し、社会評論社が発刊する「月歩双書」シリーズが10月23日に創刊されます。

社会とテクノロジーを思考する「月歩双書」シリーズ創刊号では、テクノロジーが社会に与える影響について、社会思想を交え、現場の声に耳を傾けながら、私たちが生きる社会の「今」と「未来」について考えます。

月歩双書01
『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』
齋藤 隼飛 編
ヤント・チャンドラ、伊藤富雄、松尾匡、渡辺草太、Fairbnb、ODEM
2019年10月23日 (水) 発売
社会評論社
価格:990円 (税込)  

詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です