社会的連帯経済の研究

社会的連帯経済を様々な書物に基づいて研究していきます!
場所 大阪労働学校アソシエ(阿波座駅)
日付 10月27日18時〜
参加費 無料

 

主催者は以下の通りです。
細谷 正太
山本 哲哉
トモサカ アキノリ
斎藤 日出治

 

以上の4名から社会的連帯経済に関する研究報告及び発表がございます。また、ご連絡いただければ、発表できます。

批判や議論が前提とされておりますので、
社会的連帯経済入門
か以下を流し読みで良いので読了してください。

http://www.shukousha.com/category/column/hirota/

フランスー連帯経済と社会的経済

 

以下は、今までの発表した資料です。
1回目の発表資料
細谷 正太
社会的連帯経済入門ー批判(社会的連帯経済入門の2章まで、もしくは集広社のサイト10回目を予め目を通したことを前提とした文章です。)
https://drive.google.com/file/d/0B4VfvYDRRzs4QnQ4bG9lZ0sxVDA/view?usp=sharing

 

2回目
細谷 正太
「国家哲学を体現する企業=思想の実験的試みと公役務」
https://docs.google.com/document/d/17YBsutVvCwV5yR8XAXZw3q71QuVYud2NTVFYWb8HOa0/edit?usp=sharing
斎藤 日出治
「私的所有の社会から社会的連帯経済の社会へ」
https://docs.google.com/document/d/1Dl5VtPiW39Bq2oyx36vHr7zCgGRsTTJryAYU4tOLAFk/edit?usp=sharing

 

3回目
細谷 正太
産業組合の歴史から社会的連帯経済への可能性を模索する
https://drive.google.com/file/d/0B4VfvYDRRzs4TzIwUWo1VFZ0Yms/view?usp=sharing
斎藤 日出治
競争と分断の共進化から連帯と協同の共進化へー大阪産業大学経済論集第18巻
https://docs.google.com/document/d/1TZQYQd76jzh7lRuicfp1Yc9xpEPWnkHjx1K7SclWgiY/edit?usp=sharing

 

4回目
細谷 正太
第三セクターの存在的機能(試作1)
https://drive.google.com/file/d/0B4VfvYDRRzs4N0d4R0ZYLVdYMmc/view?usp=sharing
トモサカアキノリ
『戦間期日本の社会思想──「超国家」へのフロンティア』
https://drive.google.com/file/d/0B4VfvYDRRzs4OC02MGFuSzlMblU/view?usp=sharing
斎藤日出治
https://drive.google.com/file/d/0B4VfvYDRRzs4S2tBZ3JrcUhnOTA/view?usp=sharing
こちらは、社会的連帯経済に関する論文等です。参考にしてもらえたら幸いです。

 

参考資料
フランスー社会的連帯経済法
社会的経済の促進・世界の動向
地域通貨から補完通貨へ
協同組合と雇用:世界報告
協同組合理論の展開と今後の課題
産業組合拡充運動と産青連
産業組合法の制定とその意義
戦前の東京における町内会
フレシキュリティと移動的労働市場のアプローチ
フレクシキュレティ:デンマークにおける労働組合の見解
もう一つの国民の家(上)
もう一つの国民の家(中)
もう一つの国民の家(下)