『資本論』輪読読書会

『資本論』輪読の自主学習会

チューター 斉藤日出治
(大阪労働学校・アソシエ学長)

日程
毎週木曜日 
1600-1800
202042()から開始します。

 第1章の商品から読み始めて、丸3年になります。現在、労働日の章を読んでいます。声を出して音読し、ドイツ語版の本訳書をフランス語版の原書と照合しながら読んでいます。マルクスがなぜここでこんな言い方をしているのか、この文章はどういう意味なのか、ということをみんなで問いつつ、マルクスの文言を自分自身の言葉で言い換えてみながら読み進めています。わたしたちの日常的経験に照らすとマルクスが言っていることはこういうことではないか、ということも議論します。もう読み尽くされた古典であるはずなのに、まったく新しい発見があるのに驚きます。とくに、若者の参加を歓迎します。